家を建てるときに重要|地域の特性を確認してから注文住宅を建てるとミスが少なくなる

地域の特性を確認してから注文住宅を建てるとミスが少なくなる

積み木

家を建てるときに重要

インテリア

依頼先をさがす

家を作るうえで最も重要になってくることは、家の設計と工事を誰に依頼するかを決定する点です。岡山で家を建てるときには、信頼のおける依頼先を探すことがまず最初の仕事となります。家づくりは、依頼する先を紹介してくれるプロデュース会社に頼むということも考えられますが、一般的にはハウスメーカーや地域の工務店、建築家のいずれかに依頼をすることになります。地域に密着して仕事を行っているのが岡山の工務店です。社長が営業と設計をかねていて、数人の大工さんと事務員という構成が大半になっています。小規模ならではの機動力ときめ細かさがあり、打ち合わせやメンテナンスにも素早く対応することが可能なので、工務店に依頼して家を建てる人が岡山では多くいます。

良心的な仕事ぶり

岡山の工務店に家づくりの依頼をすれば、良心的な対応を望むことができます。ですから地元の評判の良しあしが選定の判断材料になってきます。設計と施工を一貫して請け負いますが、大工が行っている木工事以外は下請けの業者が工事に当たります。実際に依頼する工務店が手掛けた家を見せてもらったり、その家に住んでいる人の話を聞かせてもらったりすることで、依頼した工務店の特徴が解ってきます。また、設計施工の担当者が直接施工管理する場合が多くなっていますので、依頼者とのやり取りが早く確実にその家に反映されてきます。自分が思い描いた家がすぐに実現できるのが工務店の強みになっています。自分の希望を担当者に伝えることで、自分らしい家を作りあげることが可能になっています。